×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自販機と犯罪

自販機と犯罪
自動精算機
  • 自動券売機
  • 券売機の用途
  • 自動販売機
  • 制限・決済
  • 自販機と犯罪
  • ホーム >> 自販機と犯罪


    自販機と犯罪

    自販機と犯罪
    自動販売機と犯罪
    自動販売機が普及すると、これを標的にした窃盗も現れた。
    自動販売機窃盗は加害者から被害者の顔が見えないため、心理的な障壁が低い。
    窃盗は機械に誤認識させる知能的な窃盗と機械を破壊する暴力的な窃盗に分かれる。
    1990年代前半には護身用のスタンガンの高周波を悪用し、自動販売機内部の硬貨選別装置を誤動作させ硬貨を盗み出すという手口まで現れた(現在は対策が施されており不可能)。
    その他、コイン投入口から洗剤を入れて内部回路にダメージを与える等の多彩な攻撃手法が試みられている。
    また、韓国の500ウォン硬貨を変造し500円硬貨として不正利用する事件が相次ぎ、500円硬貨は改鋳を余儀なくされた。
    当時の価値が500円硬貨のおよそ10分の1であった500ウォン硬貨(発行開始日:1982年6月11日)は500円硬貨(発行開始日:1982年4月1日)よりもわずか2ヶ月後に制定されたものであるが、500円硬貨と比べて重さが0.5gほど重いだけであり、素材金属の混合比や外径は同じであった。
    そのため、貫通しない程度に穴をあけたり表面を削り落とすなどして重量を調整してやると自動販売機が500円と誤認識した。
    機械の破壊に対して、頑丈な鍵と扉を設置するなど物理的対策が取られることもある。
    これは完全に破壊されるまでの時間稼ぎに過ぎず、その間に犯罪の発覚を期待するか犯罪遂行を断念させるかでしかなく、決定的な防犯対策とはなっていない。
    なお、現在では携帯電話やPHS、無線LANを利用して在庫情報の管理や機械の破壊に対しての緊急通報を行う機能を持つものも存在する。
    このような犯罪行為を防止するため、自動販売機は通常人の目が届く場所に設置される。
    例外的に日本では屋外での設置が広く普及しており、日本の景観上の特色にもなっている。
    これは日本の治安が良いためだが、それでも破壊的な自動販売機荒らしは多く、日本の窃盗件数のかなりの部分を占めている。
    従って、自動販売機そのものが治安の良さという日本の特殊事情のもとにおいてのみ発展可能な消費文化と言えよう。
    現在、一部には電子プリペイドカードあるいは携帯電話機でのみのキャッシュレス決済を行う自動販売機が設置されつつあるが、自動販売機内部にお金を置かないことで窃盗犯に狙われにくくする副次的な効果もある。
    ただし、これらのキャッシュレス決済手段はまだその普及を急いでいる段階であり、現時点では小銭しか持っていない顧客を取りこぼすデメリットも抱えている。


    多機能化

    多機能化
    災害時対応
    災害時には炊き出しの一種として自動販売機の中の飲料を無料で提供できる機能(フリーベンド)も導入が始まっている。
    これは、地域で災害が発生した際に徒歩などで帰宅する者や断水などにより飲料水を絶たれた地域住民の急場の需要を満たすもので、内部スイッチを手動ないし遠隔操作で切り替えることで内蔵された飲料を無料で提供することができるというものである。
    しかし通常の販売との違いは金銭を投入しなくても商品が出るというだけに過ぎず、基本的に停電の場合には自動販売機そのものが動作しないため、飲料提供は困難となる。
    ただこういった停電により停止した自動販売機内の商品も、メンテナンス業者や店舗側の好意で被災者に提供される可能性もある。
    南海電気鉄道は2007年9月1日に同社の管理する自動販売機のうち、なんばCITYにフリーベンド機能付きのもの13台を設置したほか、同社が商品として各売店などに一定量在庫している計約1万本の飲料を災害発生時に提供する意向を発表している。
    また自家発電設備のある施設以外に設置するためのフリーベンド対応機種として、バッテリーなど内部電源をもち外部電源が切断した場合には電力消費の激しい飲料の冷却ないし保温と表示用照明を停め、飲料提供機能のみ動作させる自動販売機も登場している。
    備考:とはいえ、炊き出し一般と同様に受け取る側が奪い合いを始めるなど秩序が崩壊している状態ではこのような「善意による援助」も行い難い面があるため、これを受け取る側にも相応の配慮が求められる。
     
    無線LANアクセスポイント
    愛知万博などで、自動販売機に公衆無線LANアクセスポイントを搭載し、サービス展開を行っていた。


    オートレストラン
    オートレストラン
    オートレストランとは、自動販売機による食品の販売及び摂食できる設備を備えた施設のこと。
    多くの場合は無人で24時間営業であるが、ゲームセンターなどと併設している施設は有人で、営業時間を設けていることもある。
    過剰なまでの自動化を目指した販売機による店舗は、安い人件費や治安上の問題から日本以外で成立することはあり得ず、日本独特の文化が作り出した形態といえる。
    1970年代、長距離トラックのドライバーなど深夜に食事を採る客を対象として、主要国道沿いの郊外型店舗が発展した。
    当初は冷凍食品やカップヌードルの自動販売機を並べ、電子レンジや給湯器で調理させる形式であったが、後に天ぷらそば(うどん)を自動調理する自動販売機なども登場し、食事のバリエーションが豊富となった。
    1978年にテレビゲーム機スペースインベーダーが登場すると、オートレストランと郊外型ゲームセンターの融合店が登場し全盛期を迎える。
    しかし1980年代に入ると24時間営業のコンビニエンスストア、ファストフード店が増加。
    深夜でも自動販売機に頼らず食事を調達することが可能になったことから急速に数を減少させた。
    近年では、コンビニエンスチェーンがオフィスなどに弁当や飲料の自動販売機を設置するオートマチック・スーパー・デリスのような業態も出現している。
    また、高速道路のパーキングエリアでは売店・軽食コーナーを廃止=無人化してこの形態に移行するケースも増えている。
       

    コインランドリー
    コインランドリー
    コインランドリー (米語:laundromat、英語:launderette) は、備え付けの洗濯機を用いて利用者が自分で洗濯する形式の店舗。
    設置された洗濯機や乾燥機、さらには洗剤の自動販売機などがコイン(硬貨)で利用できる。
    業態は自動販売機による無人店舗と同様であるが、その設置場所は洗濯という「商品」の性質上、一定の給排水設備を要し、また乾燥機用に都市ガス、プロパンガスや、灯油ボイラーなどの熱源を用意する必要がある。
    これら給排水設備や熱源の確保が容易な銭湯の一角を改装して洗濯機や乾燥機が設置される場合がみられる。
    セルフサービスである事から洗濯物あたりの料金もクリーニング業と比較して極めて安く、洗濯物の少ない独身者や学生などに利用されている。
    洗濯機は日本でも1960年代以降、一般家庭に広く普及したものの、洗った後の洗濯物を乾かす乾燥機は洗濯機と同数の普及に及ばず、その乾燥機が僅かな金額で利用できる。
    特に雨季や梅雨などの気候的な問題から洗濯が難しい季節がある地域でも、数十分程度で洗濯物を乾かせる乾燥機の利用価値は大きく、家庭の事情から乾燥機が購入・設置できない場合に、これらコインランドリーの乾燥機が重宝される。
    また家庭用洗濯機は、その設置スペースの問題から余り大型の物は使われない。
    しかし毛布などを洗う必要に迫られた場合、家庭用の洗濯機では荷が重過ぎる場合もある。
    このような場合にも、大型の洗濯機や乾燥機を備えたコインランドリーは便利である。
    1970年代以降の大都市圏において一定の増加を見せたが、1990年代以降では地方都市などでも独居者が増加する傾向にあり、それらを顧客として小さな店舗が数多く誕生している。
    1980年代以降、都市利便性の向上に伴って都市部への流入人口は増大、アパートやマンション等が増加する傾向のある日本では、ワンルームマンションやアパートに多くの人が生活しているが、振動音が響きやすい深夜などには騒音の大きい洗濯機は稼動させ難い事情がある。
    このため洗濯機を所有する独居者にあっても、コインランドリーを利用する場合が見られる。
    またワンルームマンションなどでは住民の利便性のために、1階部分に同業態テナントが入っているケースも見られるほか、ビジネスホテルやカプセルホテル、または安宿などでも中長期滞在者のためにこれら設備を持つ所もある。
    日本初のコインランドリーは、1966年5月に東京都北区の銭湯「加賀浴場」に設置されたもの。
    機器のメーカーはかつては三洋電機(現在は子会社の三洋アクアが展開)の独占状態だったが、近年はアメリカのヒュービッシュやスウェーデンのエレクトロラックス等の海外メーカーの進出により崩れている。

    逆援助
    利用方法
    洗濯
    基本的にセルフサービスであるため、利用者は自身の洗濯物と硬貨を持って行き、備え付けの自動販売機から洗剤を購入し(洗剤自動注入の店舗も見られる)、洗濯機に洗濯物と洗剤を投入、所定の料金を洗濯機のコイン投入口に入れ、洗濯開始のスイッチを押す。
    近年ではプリペイドカード方式のコインランドリーもあり、こちらはプリペイドカード販売機から紙幣を使ってカードを購入し、洗濯機にはカードを挿す。
    現在のところプリペイドカード方式は各メーカーオプションとなっている。
    メリットは固定客のリピート、現金をカード販売機一箇所で回収できる・コイン詰まり等なく便利という点はあるが、初期投資が郊外型の店で200万〜250万程度かかる為、現状はそれほど普及はしていないが、今後は普及していくと思われる。
    店の管理・客への対応等現在ではオンラインで行う事も可能で売上管理も自宅にいながら出来ると言う事になれば経営者から見れば非常に良い。
    サイドビジネスで考えるならばこのシステムは今後普及する事が考えられる。
    洗濯機稼動中は洗濯・すすぎ・脱水が全自動であり特にする事も無いため、その間に他の用事を済ませるなり、銭湯に併設されているならば入浴したり、店舗内に設けられた休憩スペースでテレビ・ラジオ番組を視聴したり、読書・ゲームをする利用者が多い。
    設備によっては稼動中に蓋が開かない洗濯機もあるが、稼動中の洗濯機から衣類を盗む者もあったため、コインランドリーから離れる場合は注意が必要である。
    特に洗濯が終わった後でも洗濯物を入れっぱなしにして置くと他の利用者の迷惑となりやすいほか、前出の衣類盗難被害に遭いやすい。
    近年では防犯カメラ設置店がほとんどなのでこれら盗難被害は一定の減少もみられるが、油断は禁物である。
    なお、最近は後述の乾燥機と同様に大型のもの(布団、毛布などの厚手モノが多い)、あるいはあまりにも量が多いものなどに対応するためのドラム洗濯機が使用される場合もある。
    乾燥
    洗濯終了後は、そのまま洗濯物を持ち帰って自室に干しても良いが、乾燥をする場合は別に設置された乾燥機のドラムに洗濯物を投入し、所定の料金を支払って乾燥機を動作させる。
    乾燥機は追加料金で所定時間より長く稼動させる事も可能であるため、洗濯物の量が多かったり、乾き具合が不満な場合は、適時追加料金を投入して利用延長する。
    洗濯機同様に、乾燥終了後の洗濯物放置は他人への迷惑と盗難被害の危険が伴う。
    なお、ガス乾燥機の場合はオイル・化学繊維が用いられた衣類では火災を起こす可能性があるため、使用上の注意を読む必要がある。
    どのような援助が好ましいのか 逆援助に関して考えてみよう。

    Yahoo!検索