×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

制限・決済

制限・決済
自動精算機
  • 自動券売機
  • 券売機の用途
  • 自動販売機
  • 制限・決済
  • 自販機と犯罪
  • ホーム >> 制限・決済


    制限・決済

    制限・決済
    再利用
    また最近では、コカ・コーラの飲料自販機の横に同社のロゴが描かれた鉄製の箱が設置されるケースが多くなってきている。
    これは古い自販機を改造した保冷庫で、飲料をあらかじめ保冷しながら保管しておくために設置されているのである。
     
    販売制限・設置制限
    商品によっては自動販売機に制限が設けられている場合がある。
    日本において2004年現在で多いものは、タバコ、ビールなどアルコール飲料類、アダルトビデオやポルノ雑誌の自動販売機の販売時間や設置場所の制限である。
    タバコやアルコール飲料の販売機は国税庁の認可や免許が必要なほか、行政指導で23時から翌朝5時まで停止されており、アダルトビデオやポルノ雑誌は市町村や都道府県レベルの自治体による条例などで設置場所や販売時間に制限が課されていることが多い。
    アルコール飲料の自動販売機の場合、深夜から翌朝の間の販売停止については罰則があるが、タバコの自動販売機の場合は自主規制であり、深夜から翌朝にかけて販売出来る状態にしていても罰則は無い(実際は施設内など人の目が常に届く場所に関しては24時間販売できている)。
    だが、タバコについては一種の身分証明書であるICカード「taspo」認証でのみの販売を目指しており、2008年3月の鹿児島県・宮崎県を皮切りに「taspo」認証による販売が開始され、2008年7月までに「taspo」認証による販売に切り替えられている(言い換えれば「taspo」がないとタバコを購入できない)。
    なお、販売停止されている場合は押しボタンがすべて「売切」の点灯状態になっている。


    決済方法

    決済方法
    飲料やタバコなど価格が数百円以下の場合、硬貨と1,000円紙幣併用のものがほとんどであり、一般的には1円硬貨と5円硬貨は使用不可能である。
    交通機関の乗車券・定期券・予約券・プリペイドカード(例・ハイウェイカード)、外食産業における食券、公営競技場の投票券など、1,000円前後およびそれ以上となる高額なものになると、硬貨や1,000円紙幣に加え2,000円、5,000円および10,000円紙幣も利用可能となっていることが多い。
    また、先払いセルフ式ガソリンスタンドではクレジットカードやキャッシュカードで決済出来るものもある。
    2000年代に入り、紙幣・硬貨・クレジットカード・キャッシュカードなどの偽造が増えたため、識別器の能力の強化が図られている。
    しかし偽造する側も新たな方法を編み出すため、犯罪の防止につながる成果があがっていない。
    なお、現金やクレジットカード以外の支払方法として携帯電話やFelicaを利用した決済方法CmodeやEdy又はSuicaなどの電子マネー、iDやPiTaPaなどのポストペイで支払う販売機も登場した。
    特に、酒や煙草の販売機では年齢認証付きの電子マネー専用とすることが未成年への販売を防止できるという。
    又、機械を破壊しての現金盗難を防げることから今後は増えるものと見られる。


    問題点
    問題点
    飲料の自動販売機は消費電力が大きく(ひとつの家庭に匹敵するほどの電力を消費する)省エネルギーの観点からは問題があるため、エネルギー効率の改良も続けられている。
    また、光害の問題や景観に対する悪影響も指摘されている。
    特定商品の自動販売機では製品の宣伝を兼ねる関係から色彩や形態に意匠が凝らされる傾向もあるが、この意匠が景観を損なうことがある。
    このため景観に配慮した自動販売機も見られ、設置の際に目立たないように工夫される場合もある。
    私有地から公共地である道路にはみ出して設置してある場合があり、通行の障害となることがある。
    これに対しては、設置者側の対応や機器メーカー側も薄型の販売機を開発し導入している。
    飲料の自動販売機では周囲に空缶などが散乱してしまう問題がある。
    空缶回収ボックスの設置と回収管理と共に利用者のモラル向上が大変重要となる。
    酒・たばこの自動販売機による販売はたばこは日本・ドイツ以外のほぼ全ての国で規制されており、酒においては世界で日本だけが行っている。
    また未成年者に対する購買規制が完全には行われていない。
    タバコ自販機においては、タバコ自販機の設置を禁止する旨の提言がなされた[3]。
    これらの問題点に対して、日本はWHOなどから名指しで批判されていることから、たばこ自販機は2008年より社団法人日本たばこ協会(TIOJ)らはtaspoによる成人識別自動販売機の導入を開始した。
    しかし、カードの貸し借りないし無断使用の可能性もあり、実験的に導入した種子島では成功していないことなどから、同カードによる効果に疑問が呈されている状況にある。
    取り扱い商品に品質上の問題や自動販売機自体のトラブル(代金を入れたのに品物が払い出されず、返金もできないなど)が生じた場合、通常利用者は自動販売機設置店の店員に直接声を掛けたり機械本体に記載された連絡先に電話などで対応を求める。
    週刊誌などの販売開始が限られている物もトラブルになることがある。
    少年漫画誌など短期間に販売する物など、周囲のコンビニ、本屋などとは販売開始時間が異なる。
    このため発売当日の明け方には既に発売を開始している場合もあり、近隣の販売店との間でトラブルの原因ともなる。
       

    構造
    構造
    ものによって種類は多々あり、一概にこれだけが自動販売機とは呼べない。
    コイン投入部は一般的な自動販売機は横型、鉄道などの券売機では縦型となっている。
    また、ユニバーサルデザインの観点から投入口を広く取って入れやすい形にしているものや同時に複数の硬貨を投入できるものもある。
    物販系の販売機が硬貨が横向き投入なのは、縦方式では硬貨判別システム上有利だが、デットスペースを構造的に生み出してしまう。
    これを回避し、商品の在庫を多くするためコイン投入は横向きになっている。
    紙幣を投入するための投入口も存在し、そこから紙幣を投入するが、折れ曲がっていたり、しわになっていると反応せずに戻ってくることがある。
    この為、しばしば自動販売機の前で札を直しながら、何度も入れなおしている人を見かけることがある。
     
    商品が落下する構造の物
    缶・ペットボトル飲料自動販売機
    本体部、商品棚の後ろ側には商品のストックが入っている。
    コインを入れてスイッチを押せば内部の電磁コイル等が通電し、商品を出す。
    また、下にベルトをつけ、一度落下させた商品を上に持ってくることで取り出しやすくした自動販売機も存在する。
    しかし、このベルト式は一度下に落ちた物体をまた上に運ぶという重力に逆らった方法から、開発当初から故障が後を絶たない。
    又、以前は販売する商品にあわせ機械側の調整が必要なものだったが、昨今その調整を自動で行う無調整機構というものも開発されている。
    この方式であれば、仮に間違って商品を投入しても詰まることなく商品が払い出され、故障の低減に一役かっている。
    また、小型ペットボトル容器が登場し、ペットボトル自体の素材から投入の際に詰まり易いという弊害もでてきている。
    しかしながら蓋をして持ち運べるという観点から、その需要は今も急速に伸び続けている。
    通常、屋外にある販売機では取り出し口は手前引きとなる。
    これは雨水などの浸入を防ぐ衛生上の配慮である。
     
    瓶飲料自動販売機
    缶飲料同様の自動販売機も存在する。
    仕組みは缶飲料の自動販売機とほぼ同じだが、ペットボトル同様詰まりやすいという欠点を持っていた。
    前者と異なるのは、瓶が横方向に滑るように落下するのではなく買い手の手前方向に落下する。

    不倫
    商品を引き出す構造の物
    瓶飲料自動販売機
    近年では殆ど見かけないが、コインを投入し、買い手自らストックされた瓶を引き出す構造の物もある。
    お金を投入することにより、金額に達した商品のロックが外れ、引き出せる構造になっている。
    缶飲料が普及する以前はこの自動販売機が主に飲料の販売機であった。
    瓶の栓抜きは、販売機全面に固定されており、瓶の王冠を引っかけ、てこの原理で瓶を下げることにより、王冠が外れる仕組みである。
    また外れた王冠は、自動的に王冠のホルダーに落下する仕組みとなっていた。
    現在では、かつての瓶飲料の販売機と似た構造を持った販売機を宿泊施設の冷蔵庫などに見ることができる。
    この場合、前者とは異なり、後払い方式が採用されている。
    基本的にはストックされた飲料のストッカーにスイッチが付いており、それを引き出すことにより、スイッチが働く仕組みとなっている。
    冷蔵庫には通信機能があり、それを宿泊施設のコンピューターなどが検知、チェックアウト時に精算するという後払い方式の自動販売機である。
    ストッカーの形状に合わせて、瓶飲料のみならず、缶飲料など多種の飲料を販売している。
     
    扉を開けて商品を引き出す構造の物
    落下などの衝撃を与える事のできない商品、多種の商品を選択させる場合などに用いられる。
     
    円盤に商品が乗っている物
    構造は、数段の円盤上の棚に、商品が並べられ商品と商品との間は仕切り板で仕切られている。
    1つの円盤上には6〜8程度の商品が並べられ、回転ボタンを押すことにより商品が循環する仕組みとなっている。
    希望の商品が手前に来た時点で回転ボタンを放し、希望の商品を扉を開け、取り出す仕組みである。
    大衆食堂や、ドライブイン、学生食堂、社員食堂などでは、おかずやおつまみの販売、鉢植えの花などの販売に用いられている。
     
    コインロッカー型の物
    農作物の無人販売スタンドなどでは扉を透明な樹脂にしたコインロッカー様のキャビネットを設置し中に収穫した作物を入れ、「利用料金を支払って施錠する」コインロッカーから逆転の発想をした「代金を支払うことで商品を取り出せる」料金徴収方法を採っている。
    但しその場合、支払い以前に商品を手にとって鮮度を確認することは出来ない。
    こんど不倫旅行を計画してみたい。 不倫旅行ならどこに行くのがいいのだろうか。

    Yahoo!検索